身に覚えのないイボ

手袋をした医師

年齢を重ねた人の中には、顔や手、腕などに見覚えのないイボができることがあると思います。
こうしたイボは、老人性イボとも呼ばれ、高齢の方によく現れるイボなのです。

これらのイボは、通常のイボとは違い、人に感染するようなイボではありません。
老人性イボは、老化現象の一つともされており、高齢になるほどの発生頻度が高まります。
80歳以上の方ともなると、ほぼ100パーセントこの老人性イボが発生するといわれ、年齢が高くなれば避けては通れないものとなります。
しかし、高齢になると現れるものと言っても、見た目としては非常に目立つものであるため、人によってはこのイボの除去をしたいと考える人もいるでしょう。

このようなイボは、適切な治療やスキンケアを行なうことによって、簡単に除去することができます。
こうしたイボを除去する専門の化粧品も数多く存在するため、近くの薬局や通販などでも手軽に治療することができるでしょう。

刀を持っている女性

注目の記事

注目の記事

オススメリンク